blog.risouf.net

YAPC::Asia TOKYO 2013 にいってきた記録

http://yapcasia.org/2013/

今年も YAPC に参加してきました。
今年は会場が比較的家から近いところであったこともあり、身動きとりやすくて助かりました。

Perl 6 の話をしてきた

何人かに煽られる形で応募したトークでしたが、採択されたので話してきました。
タイトルは「Perl 6 オブジェクト指向プログラミング」

Perl 6 Object-Oliented Programming from risou

オブジェクト指向をテーマに、文法だったりの比較的易しい(つもりの)話をしてきました。
20分という時間に対して詰め込みすぎて、最後まで話せませんでした。

時間配分もそうですが、今回は内容も含め反省点の多いトークになりました。

ちなみに僕を煽った方々は誰もトーク聞きにきませんでしたね……。

技術評論者のイベントレポートもしてきた

YAPC::Asia Tokyo 2013 スペシャルレポート

イベントレポートをいくつか担当しました。
経緯は去年のこのツイート。

gihyoのスペシャルレポート、いつも超速更新だしその技学びたいから一度レポートやってみたい

— risou (@risou) September 29, 2012

挑戦してみて、 publish されるまでの流れも速かったですが、それ以上にレポーターの方々の「トークを聞く」→「内容を整理する」→「文章を整形する」→「コミットする」の一連の作業の速さが半端じゃなかったです。だいたい僕が一番更新遅かった気がしますね。
当日の自由度は若干下がりますが(その場の気分でまったくトークを聞かない、というわけにはいかない)、新鮮な経験でしたしやって良かったと思っています。

一通り終えて

思うところはいろいろあって。

と、今後への課題が見えてきた YAPC だったと思います。
あ、あと見たいトークほとんど見れてないので、動画が公開されたら見てまわりたいです。

追記

どうでもいいことをいくつか書きます。

2013-09-24 04:42:30.50256 JST

Tweet $B$3$N%(%s%H%j!<$r$O$F$J%V%C%/%^!<%/$KDI2C(B