blog.risouf.net

朝4時、僕たちのミッションはもう来ない

Pokemon GO が世間を賑わせている。
僕もひとまずインストールして、ユニーク制約があるというプレイヤー名の入力まで辿りつき、無事 "risou" をゲットした。

ところで、位置情報ゲームといえば、僕はあるゲームを思い出す。 そのゲームは、今年の初めにサービスを終了してしまった。

このゲームがリリースされたのは4年以上前のことで、サービスの稼動期間は4年に少し満たないくらいだったと思う1。 僕はサービス開始日から一日も欠かさずプレイしてきた。 結局4年ではクリアすることはできなかった2

僕はあまり頻繁に旅をする人間ではないし、このゲームのためにわざわざ普段行かないところに足を伸ばすということもなかった。用事のついででプレイする程度だったが、それでも4年間で数百あるエリアの9割は制覇できた。というのも、このゲームにはプレイヤー同士で協力する機能があったからだ。自分が足を伸ばすことのできないエリアでも、そのエリアにいるプレイヤーの助けがあれば、時間はかかるが制覇できるしスコアも得られた。お互いに協力しあうことで、僕たちはクリアに向けて少しずつ着実に前に進んでいた。

またこのゲームではエリアの制覇を促すために、毎日1つ〜5つのミッションが送られてきた。ミッションには達成期限の他に受領期限もあったため、僕はプライベートで使っているチャットに常駐させているボットに「ミッションを受領する時間」を通知する機能までつけていた。夜更かしをして朝4時まで起きていた日は、寝る前に通知を見て、アプリを起動していた。むしろ通知によって「もう4時か……」という気分になっていた。

サービス終了に伴い、ミッションの通知機能を削除するコミット

サービス終了に伴い、ミッションの通知機能を削除するコミット

このゲームにも課金要素はあった。エリアの制覇やスコア獲得を促進したり、体力を回復したり……。しかし、記念の日などになると本来は課金して購入するポイントも幾分か貰えたし、アイテム自体もミッションをこなす中で稀に貰うことができたため、結局僕は全然課金しなかった。課金はランキングに名前を載せたい人向けのものだと思っていた。他にもそういう認識のプレイヤーは少なくなかったのかもしれない。僕はそのゲームを楽しむために必要なら少々の課金は躊躇わないつもりだったけれど、「サービス維持のために必要なものを買う」ことで僕自身のゲームの楽しみ方が毀損されることは望んでいなかったので、課金しなかったことに後悔はしていない。

僕にとってはここ数年で一番遊んだ、もうプレイできないゲームだ。今でもアプリを消さずにいる。最近ようやく、癖でアプリを起動してしまうことがなくなった。


  1. 実際には入院等でプレイできなかった日があったかもしれない。

  2. このゲームの目的はエリアの制覇とスコアの獲得だったため、ここでは全てのエリアを制覇し、かつ一定のスコアを獲得することをクリアと称する。

2016-07-25 01:55:46.832628 JST

Tweet $B$3$N%(%s%H%j!<$r$O$F$J%V%C%/%^!<%/$KDI2C(B