blog.risouf.net

HHKB を漂白した

3ヶ月ほど前のこと。

諸事情で、押入れにしまっていた HHKB Type-S 白を約2年ぶりに出すことになった。
出してみると、(暗所に保存していたのに)かなり日焼けしており、そのまま使うには抵抗のある状況だった。
これは叙述的な問題で、実際には日焼けしたのではなく黄ばんでいる、といった方が正しいのかもしれない。
(今回、原因とか回避方法とかは調べていない)

漂白前

漂白前

白さを取り戻す方法についてはググるといろいろ出てくるのでここでは手順を詳細に記したりはしない。
簡単に言うと、バラして漂白剤につけて1週間くらい日光(紫外線)に当てると白くなる、という感じ。

漂白後

漂白後

無刻印だったので、バラしてキートップを洗浄したあと、戻すのに若干手間取った。
外側のキーは横幅が違ったり同じだったりするので微妙にややこしいし、内側のキーは列ごとに角度(傾斜)が異なるので、どの列かは容易に判断できるが、そこから先の判断材料がない。
バラす前と全く同じではないけれど、同じ形のものがちゃんと入るように試行錯誤して、動作を確認したところ、問題なく動いたので、これでいいか、という感じになった。

2018-06-24 22:27:34.381084 JST

Tweet $B$3$N%(%s%H%j!<$r$O$F$J%V%C%/%^!<%/$KDI2C(B